読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMILE Days

~ 仕事と2人の息子の育児をしながらミニチュア制作・学童保育役員続けてる人のブログ ~

SPONSORED LINK

自分の「好きなこと」を見つける方法を知りに行って来ました

約30分の無料セミナーに参加する為に、片道約3時間半かけて京都から広島へ向かいました。

朝の7時に出発。子どもを2人連れて、初めての広島。

 

なぜ?それだけのために?

 

いいえ、私にはこの「行動」こそが、大切なことでした。

 

 

時間、お金をかけてまでなぜ広島へ?

目的は「自分の好きなこと」を再認識するため

積極的にSNSを使うようにしてからしばらくして、シェアやリツイートで「好きを仕事にする」というテーマでブログやセミナー、塾など、多くを手掛けている方を知ることとなりました。

 

そんな、かさこさんのブログ

kasakoblog.exblog.jp

 

流れてくるブログの内容は、まるで出来ない理由を並べて結局は何も出来ていない自分に向けて言われているかのよう。(自分に思い当たる節があるからそう感じるのでしょうね)

歯に衣着せぬ物言いは、グサグサと心に突き刺さります。

 

多少心を負傷しながらも、開催される塾や、フェスタ、ブログ、関係されてる方の取り組みを知って行くとさらに興味が出てきます。「みんな楽しそう」「好きなことを仕事にできたらどんなに楽しいだろう」と。

  

そんな時、自分の趣味をブログで公開していると「習慣化の部活」で知り合った方から「こんな事をしている人がいるよ!手元にセルフマガジンがあるから送りましょうか?」と連絡が。

 

「こんな事をしている人」とは、また「かさこさん」でした。

 

セルフマガジンはホームページから無料で申し込みも出来るけど、少々時間がかかるかもとのことで、お願いして送って頂くことに。また、広島でのフェスタ開催のこともこの時に教えて頂きました。

 

フェスタは待っていれば関西でも秋には開催するみたい。

でも…でも…

 

すぐに行きたいっ!!!

 

「行きたい」それ以外の理由って他に何かありますか?

 

 

かさこマガジンの到着

かさこマガジンはすぐに送って下さいました。

f:id:elimsmile703:20170524164520j:image

内容を読み、さらに熱は上がるばかりです。

でも、広島フェスタ開催まで数日あったので、「遠いしな…お金かかるしな…」と弱気になる日もありました。

「行って何が得られるの?」なんてマイナスの悪魔が耳元で囁く。

 

でも…でもね。

 

  • SNSでたまたま見かけて気になったコンテンツ
  • 気になっている人物をまた偶然にも紹介された
  • わざわざ費用をかけてマガジンを送ってくださる人がいる(ホームページからの申込み、発送は無料です)
  • 仕事もお休みの日の開催
  • 行こうと思えば行ける距離

 

これも何かの縁の繋がりなんです。意味があるか、何が得られるかなんて考えたって仕方ない。

「偶然が2つ以上重なったら、そっちへ行くと良いよと言われている」

そう思うから、行くんです!自分の心のワクワクに従うんです!

 

それが楽しむということ。

 

 

いざ、広島へ

行った事ない地へ、子連れ(11歳と4歳)でチャレンジとは少々無謀だったかもしれませんが「大変かも」とか「しんどいかも」という考えよりも「行きたい」「行ってみたい」が強かったので、「なんとかなるさ〜」で出発!

 

定刻通りに出発し、新幹線で広島へ。

約2時間、新幹線内で子どもの相手をする(子は暇を持て余すので)のが少々苦労しましたが、次はこういう準備が必要だな〜等と勉強にもなりました。フェスタ参加以外の目的を決めていなかったので、新幹線内で観光スポットも検索w

 

ハプニングはありつつも、時間までに会場に到着!

あの会場を見つけた時の「ほっ」とした安堵感は忘れられません。

入り口で看板を持って立ってた人が天使に見えました(о´∀`о)笑

 

 

「好きを仕事にする見本市」かさこ塾フェスタin広島

会場に入るやいなや、入口には本物のかさこさんが!!!

ネットでしか見れなかったご本人を目の前にすると、「あぁ、実在する人なんだ!」って頭の中の何かがつながった感じ。リアルで会った瞬間に、ぐっと距離が縮まります。

 

「京都から来ました!」とお伝えすると「あぁ、コメント書いて下さった!」と言って頂けてまたまた感動。名刺も頂きました。

f:id:elimsmile703:20170524085128j:image

当日頂いたチラシと名刺

 

少し会話した程度でしたが、違和感が。やっぱり想像していたイメージと全然違うwww

これがいわゆるかさこマジックかwww

やっぱりリアルで会う事って、大事です。これ、ほんと。step3に突入した瞬間でした。

 

stepとは(かさこの取り扱い説明書より抜粋)

step1・・・ブログがこわい

step2・・・こわいけど面白い、気になる

step3・・・めちゃめちゃ優しい、ギャップ萌え、かさこ中毒初期症状が出る時期

※この先は、まだあります(笑)詳しくは かさこマガジン(現在は7)をどうぞ。

 

セミナーの開始時間も迫っていたので、会場に入ります。 

会場内では、各個人でそれぞれ自分の好きな事を活かした催しで賑わっています。多くの人達が交流されていました。 

 

 

目的のセミナー

かさこさんのセミナーは開始時刻になると会場は人でいっぱいになり、立ち見が出るほどに。

f:id:elimsmile703:20170524085258j:image

兄はよっちゃんイカを食べるために外へ。

弟は隣に座って、周りに笑顔を振りまいておりました。 

 

セミナーテーマは「好きを仕事にする」です。 

では、自分の好きな事って?

 

ブログやツイートの発言からは想像もつかない物腰の柔らかい優しい声で、かさこさんのお話は続きます。(←初対面のギャップを楽しむ為に敢えて動画は見なかった人)

 

 

1.あなたの好きな事は?

 「自分の好きな事ってなんですか?」と聞かれてあなたはすぐに答える事ができますか。

 

  • 読書
  • 写真撮影
  • 絵を描く
  • スポーツ
  • 食べ歩き
  • 映画鑑賞

 

などなど・・・

 

でも「好きな事がわからない」場合もあります。

それを見つけるためには次の事を考えてください。

 

 

2.「お金」「時間」「能力」があれば何がしたいか?

やりたいことがあっても、

「お金がない」

「時間がない」

「能力がない」

と、言い訳しがち。

 

じゃあ、全部あったとしたら?

「お金」も「時間」も「能力」も全てある

 

その状態で、あなたは何をしたいと思いますか?

何が思い浮かびましたか?

 

 

そう、今思いついたものが、あなたの「好きなこと」なのです。

 

 

3.心の底から好きだと言える(できる)こと

さらに、本当に自分の好きなことには特徴があります。

思いついたことに当てはめてみてください。

 

それは、

  • 寝食を忘れてできる
  • 熱中できる
  • お金をもらわなくてもできる

 

これができることが、本当に心から好きなことです。

  

4.好きを仕事につなげるには

好きなことが見つかったら、その事でどうしたら他人を楽しませる事ができるか、どう他人に役立つかを考えましょう。

自分が楽しんでいるだけではそれは個人の趣味です。

 

他人に役立って初めて仕事につながります。

 

仕事につなげるためには、さらに具体的にどう進めていけば良いのか、どういった行動を起こしていけば良いのかのお話が続きます。

 

思うだけじゃダメ、言うだけじゃダメ。行動が必要だと改めて実感しました。

少しでも気になった方は、是非セミナーや塾に参加してみて下さいo(^▽^)o

 

秋の大阪でのフェスタも行きたいな〜!

 

 

まとめ

すきなこととは

・時間、お金、能力など全てがあるとして自分がしたいこと

・寝食を忘れて夢中になれること

・熱中できること

・お金をもらわなくても出来ること

 

そしてそれを仕事にするには、

・どう他人に役立つかを考える事

 

まずはここからが始まりです。

自分の好きがわからない人は、心に聞いてみて下さい。

まだ今はなくても、当てはまる何かが出てくるかもしれませんよ。

 

 

で、自分の好きなことは?

改めて、自分の好きな事って何だろうって思った時に、やっぱり手先を使ったミニチュア作成とかが浮かぶんですよね。
寝食忘れて没頭できるし、熱中できるし、お金もらわなくても出来る。それを受け取った人の喜びが好き。

そこまで分かれば、次のステップに踏み出す必要があるようです。

 

出来ない言い訳をせずに、まずはやってみよう!

 

 

おまけ

セミナー中、弟くん(4歳)が必死に前の席の椅子を見て書いた「コクヨ」

f:id:elimsmile703:20170524172951j:image

会場を出る時、前の席の方に「とってもお利口さんだったね」と褒められてご機嫌でした。

付き合ってくれてありがとう!

 

帰る前にまたかさこさんとお話しもできたし、お兄ちゃんが撮った写真も観てもらえたし、一緒に記念撮影もできたし、行って良かった!それはまた別記事にて♪

 

 

 

 

おしまいっ