読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMILE Days

~ 仕事と2人の息子の育児をしながら保護者会役員続けてる人のブログ ~

SPONSORED LINK

当たり前の明日が来るとは限らない ~子供の怪我で思う事~

f:id:elimsmile703:20150413183455j:plain

今日も、何事もなく、無事に家に帰って来れました。

なぜこのようなことを書くのか?

 

それは、あるブログを読んでふと「今がある大切さ」を改めて認識したのです。

 

今日、家に帰って来れた事。

子供たちが、家にいる事。

住んでいる家がある事。

食べられるご飯がある事。

 

それは皆当たり前のようですが、

いつ無くなってもおかしくはないのです。

 

ssachiko.hatenablog.com

 
育児の大変さは、ほんと、身を持って経験しないとなかなか分かりません。
やってみて初めてわかる、苦労する体験。
 
でも、その分楽しい事もあって。
くだらない、些細な事にも笑える瞬間があって。
 
でも、それが明日には無くなったら???
 

もし、我が子が事故に遭ってしまったら・・・

さいごに交わした言葉はなんだっけ?

なんであの時もっと優しくしてあげなかったんだろう

「また明日ね」なんてもしかしたらないかもしれない。

 

明日が来ない可能性なんて考えてもなかった。

当たり前のように今日と同じように明日も来る。

そう思ってた。

でもそうじゃないんだよね。

なにが起こるかわからない。

だから今日を「今を」大切にしなきゃいけないんだ。

 

今日できることは今日しておこう。

大好きな人には大好きを伝えよう

後悔のないように

 
まさにこの記事を読んだ当日も、
子供に対して怒りながら学校に送り出したばかりでした。
 
まだ起こってもいない事を心配するのはおかしな話かもしれませんが、
いつ何どき何が起こるか分からないのがこの世の中。
 
登下校中に車が突っ込んでくるかもしれない。
無差別に不審者に襲われるかもしれない。
天災が起こるかもしれない。
 
家族の誰かがじゃなくても、自分自身も。
 
だから「今」を精一杯生きて、楽しんで、
相手にも気持ちを伝えなくちゃと思いました。
 
 
そう思っていた矢先・・・
 
(以下にちょっとした怪我の画像が含まれます)

 

  

お兄ちゃんが一人で留守番していた日、
帰って来ると、お兄ちゃんの目が大きく腫れていました。
 
目イボでも出来たのかと思ったら、血が出ていました。
瞼を怪我していたのです。(ぱっくりと)
 
しかも、後少し怪我がずれていたら眼球に傷がついていたかもしれない位置。
 
外に遊びに出た時に、自転車でこけて怪我したそうですが、
大事には至らなかった事、無事でいてくれたこと、
本当にほっとしました。
 
胸をなでおろすとは、まさにこのことかと。
 
改めて「今生きていてくれる」大切さを感じた出来事でした。
 
ついついその場で感情的になってしまうことがあるので
四六時中とはいいませんが、「今」を大切にすることを心がけて行きたいと思います。
 
 
 f:id:elimsmile703:20150412131221j:plain
 
本当に良かった。
 
平気そうにしていたお兄ちゃんも、
私が帰って来て安心したのか、こけた時の話をしながら
涙を流していました。
 
本当に良かった。
無事でいてくれてありがとう。
 
 
 

 にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ