SMILE Days

~ 仕事と2人の息子の育児をしながら楽しい人生を目指す人のブログ ~

11歳と語る、楽しさを求める意味

f:id:elimsmile703:20170320224039j:image

連休中、久しぶりに実家へ行きました。

姉家族とものんびり過ごしたりして楽しい休日。

 

家に帰るには、車で約1時間程かかります。

20時過ぎに出発し、程なくして下の子は車に揺られて眠ってしまいました。

 

こんな時は、お兄ちゃん(小学5年生)とゆっくりおしゃべり。

そんなお兄ちゃんからは「なぜ人は楽しいことをしたいと思うのかな」との質問が。

 

なぜ人は楽しさを求めるのか?

 楽しいことをしている時間はあっという間に感じること、

 

逆に楽しくない時間は同じ時間でも長く感じてしまうこと、

 

それはストレスにもつながり、心身に悪影響をもたらすこと、

 

人間は最期に後悔することはしてしまったことより、しなかった事を

 

「しておけばよかった」と思うことが多いということ、

 

そんな話をしました。

 

「ワクワク」を大切に

楽しい事をしている時は「ワクワク」するし、何より心地がいい。

だから、できる事、したい事はした方がいいし、自分が今やって楽しいと感じることはもっとしたらいいよと。

 

明日が普通に来るとは限らないし、

もしかしたら今、次の瞬間に天災や、事故に巻き込まれる事もあるかもしれない。

 

心配をし始めたらきりがないけれど、毎日を精一杯生きる必要があること、

自分の命も、大事な人の命も限りがある事、そんな話もしました。

 

楽しいのが一番!

結論、毎日楽しく過ごせたらいいねってことで落ち着きましたが、

こういう話をする時間も大切です。

 

いつも時間に追われてしまい、ゆっくりと2人の時間が取れない時もあるけれど、

今この瞬間は今しかないのだから、大切にしたいと思いました。

 

できる事を、できる時に!

やりたい事は、行動しよう!

 

連休明けですが、明日からも頑張りたいです(*´꒳`*)

 

 

 

おしまい