読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMILE Days

~ 仕事と2人の息子の育児をバタバタと両立中 ~

SPONSORED LINK

晴れ女(男)になる方法

晴れ女になる方法 自己啓発 日常

f:id:elimsmile703:20161207082039j:image

自称、晴れ女です。

 

雨男、雨女という表現は良く聞きます。

自分が外出する時は雨が多いとか、

この人と一緒の時は雨が多いとか、そういう時ですね。

 

私の場合は、雨が降っていようとも、

外出する時は雨がやんだり、晴れたりするので「晴れ女」だと思っています。

 

でも果たして100%か?と言うと、もちろんそうではありません。

 

雨が降る日もあるし、大荒れの時だってあります。

駅で5m先のバス停にもたどり着けない大雨で、コンビニで傘を買った事もあります。

 

では、どうして「晴れ女」と自信満々に思えるのか?

 

それは「自分が外出する時」と「晴れている」を結び付けているからです。

「晴れ」という部分にしかフォーカスしていません。

 

なので「晴れ」ている時は「自分がいるからだ!」と自意識過剰気味に思うのですw

そうすると、自分が「晴れ女(男)」であると思えるんですね。

思うのはタダ。

 

雨、軽くスルーです。

降ってほしくない時に降ったとしても、「恵みの雨だ」で終了。

変えられない現実には執着しない方が良いですね。

 

良い部分に目を向けるか、悪い部分に目を向けるかで気持ちが変わります。

 

それがたまたまでも、毎回でなくても、

外出した時にさっきまで降っていた雨がやんだ(小雨になった)時

家に帰って来た瞬間に、雨が降った時

天気予報で傘がいるといって持って行ったけど、使わなかった時

朝、家を出た瞬間、晴れていた時

 

自分は「晴れ女(男)」であると思ってみてください。

 

そして、雨が降った時は「こんな時もあるさ」「自分、ちょっと疲れてるしな」なんて

しなくてもいい言い訳をしてみてくださいね。

 

こんなことでも、自分に自信が付けば内面はだんだん前向きになってきます。

内面が変われば、生き生きとしてきます。

それは、表情にもあらわれてきます。楽しくなります。

 

ただし、自分は「晴れ女(男)」だと自信満々に外部に言うと

雨が降った時に具合が悪いのでご注意を(笑)

 

あなたは自分の事を「晴れ女(男)」と思っていますか?

 

 

 

おしまい