読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMILE Days

~ 仕事と2人の息子の育児をしながら保護者会役員続けてる人のブログ ~

SPONSORED LINK

子どもの発言で気付く、素直な心とは

f:id:elimsmile703:20161127214955j:image

今月初め3歳の息子とお出掛け帰りに公園に寄った時のこと。

 

風が強く、少し肌寒い日でした。

日向のベンチでお弁当を食べて、遊具で遊ぶ!と駆け出す息子。

 

ブランコがあったので、隣同士で乗りました。

こんな遊具に乗るのも久しぶり。

 

まだ上手にこげないので少し押してあげたりしながら、遊んでいると

風が吹いて来ました。

 

その時に息子は満面の笑みを浮かべながら

「わぁ!かぜさんがぼくをブランコにしてくれてる!」

と言ったのです。

 

そんなに激しい風でもありませんでしたし、

私はただの冷たい木枯らしだと感じる程度。

 

ですが、子どもにとっては、自分を「ブランコにしてくれている風」だったのです。

 

「風が押している」ではなく、「ブランコにしてくれている」と言う所に

あぁ、素敵な発想だな、と思いました。

 

純粋で、まだ真っ白で。

感じた事を、そのまま表現する子ども。

 

大人はいつから先入観にとらわれ、制限され、

周りの目を気にして、思った事を言えなくなったのでしょうか。

 

周りと合わせて、同じ事が良い事だという流されるがままの基準。

個性は大切だと言いつつも、外れるとおかしな人扱い。

 

いやだな、と分かっていても、抜け出せない事もあります。

勇気もなく、変化を恐れて過ごす毎日。

 

子どものように、何も恐れずに、発言して、行動すること

素直に表現することの大切さに改めて気付いた出来事でした。

 

なんでもない、あたりまえの事にも感動して

素敵な毎日を過ごしたい。

 

たまには子どもの心に戻って、日常を過ごしてみたいですね。

 

 

おしまい